認証について

ハラール認証の手順と必要書類など。

TOP>認証について>認証の種類

認証の種類

認証は製品部門飲食部門の2つに分かれます。

製品部門

製品部門は、食品工場や工房で全てあるいは部分的に製造された製品を指し、食品製造、加工、配給、卸業などが含まれます。
製品部門は次の2つに分けられます。

  1. 工場内全製品ハラール
    工場内で作られる製品はすべてハラールであり、一つ一つJHFの認証を受けること。
  2. 特定製品のみハラール
    工場内で作られるすべての製品ではなく特定の製品だけにJHFの認証を受けること。
製品部門では、JHFは次の製品に認証を授与します。
  • 乳製品(例、チーズ、アイスクリーム、粉乳、バター、ヨーグルトなど)
  • 非アルコール飲料(例、ソフトドリンク、果汁飲料、紅茶、コーヒー、など)
  • チョコレート
  • 菓子類
  • 大豆製品 (例、醤油、味噌、豆乳、豆腐など)
  • 焼き菓子、パン
  • 加工肉製品(例、ソーセージ、ミートボール、バーガー肉など)
  • 加工魚肉製品(例、ツナ缶、燻製、干物など)
  • 加工食品(例、漬物、ソースなど)
  • 加工穀物食品(例、シリアル、コーンフレークなど)
  • 香辛料、つけあわせ、調味料、
  • 麺類
  • マーガリン、ショートニング、植物油
  • 紅茶、抹茶、緑茶など
  • 食品添加物、食紅、乳化剤
  • その他加工食品

飲食部門

この部門に含まれるのは、レストラン、ホテル、フードコート、食堂、ケータリングなどの食事を提供する業種とお菓子・ケーキ屋などの店舗です。

この部門は下記の3つに分かれます。

  1. 三つ星 全てハラール
  2. 二つ星 食事のみハラール
  3. 一つ星 特定メニューのみハラール

三つ星
(全てハラール)

  • 提供されるメニューはすべてハラールである必要があります。
  • 豚肉やその派生品が使われること、提供されることは厳禁です。
  • アルコール飲料は提供できません。

二つ星
(食事のみハラール)

  • 提供される食事はすべてハラールである必要があります。
  • 豚肉やその派生品が使われること、提供されることは厳禁です。
  • アルコール飲料は提供できますが、食事に混入したりしないよう厳格な基準を持って運用しなければなりません。

一つ星
(特定メニューのみハラール)

  • その場所で提供される食事のうち幾つかのメニューにのみ認証を与えます。
  • 肉類を提供する場合は、選外のメニューでもハラールの肉を使う必要があります。
  • 豚肉やその派生品が使われること、提供されることは厳禁です。
  • アルコール飲料は提供できますが、食事に混入したりしないよう厳格な基準を持って運用しなければなりません。